コンテンツにスキップ

pipeline update

$ copilot pipeline update [flags]

コマンドの概要

copilot pipeline update は、ワークスペース内に全ての Service がデプロイ対象となるように Pipeline を作成/更新します。あわせてこの Pipeline のデプロイターゲットが Pipeline 用 Manifest にて Application と紐付けられた Environment 群となるように作成/更新されます。

フラグ

-h, --help   help for update
    --yes    Skips confirmation prompt.

実行例

ワークスペース内の Service 群をデプロイ対象とする形で Pipeline を作成/更新します。

$ copilot pipeline update