コンテンツにスキップ

AWS Copilot v1.17: Request-Driven Web Service のためのトレース

v1.16 のリリースからまだ1週間しか経っていませんが、The AWS Copilot コアチームは AWS App Runner とともに AWS X-Ray with OpenTelemetry を使った統合トレースのサポートを発表しています。App Runner のリリースについては、こちらをご覧ください。Copilot で Request-Driven Web Services のトレースを有効にする方法については、後述のセクションをご覧ください。

このリリースに貢献した @kangere に感謝を申し上げます。私たちのパブリックなコミュニティチャットは常に成長しており、オンラインでは 270 人以上の方々が日々助け合っています。AWS Copilot へご支援、ご支持いただいている皆様お一人お一人に感謝をいたします。

Copilot v1.17 では、新機能の追加といくつかの改善が行われました:

  • Request-Driven Web Service におけるトレース: AWS App Runner サービスの AWS X-Ray トレースサポートのリリースに伴い、Request-Driven Web Service の Manifest に observability.tracing: awsxray を追加して、AWS X-Ray にトレースを送信することができるようになりました。詳細はこちらをご覧ください。
  • スケジュールされたジョブを無効化可能: Manifest でスケジュールを "none" に設定し、イベントルールを無効にすることで、スケジュールされたジョブを簡単にオフにすることができます。(#3447)
    on:
      schedule: "none"
    
  • プログレストラッカーの視認性向上: 現在、プログレストラッカーは、HTTPリスナールールの作成など、より多くの情報を表示しています。(#3430 および #3432)
  • バグフィックス: パイプライン名候補のカラー化書式を削除 (#3437)

このリリースには、破壊的な変更はありません。

AWS Copilot とは?

AWS Copilot CLI は AWS 上でプロダクションレディなコンテナ化されたアプリケーションのビルド、リリース、そして運用のためのツールです。 開発のスタートからステージング環境へのプッシュ、本番環境へのリリースまで、Copilot はアプリケーション開発ライフサイクル全体の管理を容易にします。 Copilot の基礎となるのは、 AWS CloudFormation です。CloudFormation により、インフラストラクチャを 1 回の操作でコードとしてプロビジョニングできます。 Copilot は、さまざまなタイプのマイクロサービスの作成と運用の為に、事前定義された CloudFormation テンプレートと、ユーザーフレンドリーなワークフローを提供します。 デプロイメントスクリプトを記述する代わりに、アプリケーションの開発に集中できます。

より詳細な AWS Copilot の紹介については、Overview を確認してください。

Request-Driven Web Service のトレースを AWS X-Ray に送信する

Contributed by Wanxian Yang

Request-Driven Web Service で生成されたトレースを AWS X-Ray に送信することができるようになりました。これにより、Amazon CloudWatch コンソールや AWS X-Ray コンソールを通して、サービスマップやトレースを可視化することができます。

この機能を使うには、まず AWS Distro for OpenTelemetry で Service をインストルメント化する (訳注: 計装、 アプリケーションに計測のためのコードを追加する) 必要があります。手動インストルメンテーションを行うか、より迅速で簡単なセットアップのためにアプリケーションコードを変更せずに Dockerfile を通して Service を自動インストルメンテーションすることができます。

Service をインストルメント化したら、Request-Driven Web Service の Manifest を変更し、observability の構成を含めるだけです:

observability:
  tracing: awsxray

copilot svc deploy を実行すると、Service で生成されたトレースが AWS X-Ray に送信され、Service の現在の状態を簡単に測定することができます。

次は?

以下のリンクより、新しい Copilot CLI バージョンをダウンロードし、GitHubコミュニティチャットに フィードバックを残してください。