コンテンツにスキップ

ローカルアーティファクトのアップロード v1.21.0 にて追加

Copilot は、Addon テンプレートから参照されるローカルファイルを S3 にアップロードし、関連するリソースプロパティをアップロードされた S3 のロケーションに置き換えることをサポートしています。 copilot svc deploy または copilot svc package --upload-assets では、Addon テンプレートが CloudFormation に送られる前にサポート対象のリソースの特定のフィールドが、S3 のロケーションに更新されます。 ディスク上のテンプレートが変更されることはありません。 サポートされているリソースの全リストを見るには、AWS CLI documentation をご覧ください。

この機能は、他の Copilot Service と同じリポジトリに保存されているローカルの Lambda 関数をデプロイするために使用することができます。 例えば、JavaScript の Lambda 関数を Copilot Service と一緒にデプロイするには、このリソースを Addon テンプレート に追加してください。

Lambda 関数の例
  ExampleFunction:
    Type: AWS::Lambda::Function
    Properties:
      Code: lambdas/example/
      Handler: "index.handler"
      Timeout: 900
      MemorySize: 512
      Role: !GetAtt "ExampleFunctionRole.Arn"
      Runtime: nodejs20.x
exports.handler = function (event, context) {
    console.log('example event:', event);
    context.succeed('success!');
};

copilot svc deploy で、lambdas/example ディレクトリが zip 圧縮されて S3 にアップロードされ、Code プロパティが以下に更新されます。

Code:
  S3Bucket: copilotBucket
  S3Key: hashOfLambdasExampleZip
Addon テンプレートが Copilot によってアップロードされ、デプロイされる前に更新されます。 特定のファイルを指定した場合、そのファイルを直接 S3 にアップロードします。 或いは特定のフォルダを指定した場合、フォルダを zip で圧縮してから S3 にアップロードされます。 zip が必要な一部のリソース (AWS::Serverless::Function など) では、アップロード前にファイルも zip で圧縮されます。

ファイルのパスは、リポジトリ内の copilot/ ディレクトリの親からの相対パスとみなされます。 上記の例の場合、フォルダー構造は次のようになります。

.
├── copilot
│   └── example-service
│       ├── addons
│       │   └── lambda.yml
│       └── manifest.yml
└── lambdas
    └── example
        └── index.js
絶対パスもサポートされていますが、複数のマシンに跨って上手く機能しない場合があります。

例: DynamoDB ストリームを処理する Lambda

この例では、Amazon DynamoDB テーブルを作成し、テーブルのストリーム からのイベントを処理する Lambda 関数を接続する方法を説明します。 このアーキテクチャは、データを保存する際のレイテンシを最小にする必要がある Service がある場合に便利ですが、データを処理するのに時間がかかる別のプロセスをキックオフすることができます。

前提条件

手順

  1. copilot storage init を実行して、Service 用の DynamoDB テーブル Addon を生成します。(詳細はこちら)
  2. 生成された AWS::DynamoDB::Table リソースに StreamSpecification プロパティを追加します。
    copilot/service-name/addons/ddb.yml
    StreamSpecification:
      StreamViewType: NEW_AND_OLD_IMAGES
    
  3. Lambda 関数、IAM Role、Lambda イベントストリームマッピングリソースを追加し、IAM ロールにて DynamoDB テーブルストリームへのアクセス権を付与します。
    copilot/service-name/addons/ddb.yml
      recordProcessor:
        Type: AWS::Lambda::Function
        Properties:
          Code: lambdas/record-processor/ # レコード処理する Lambda のローカルパス
          Handler: "index.handler"
          Timeout: 60
          MemorySize: 512
          Role: !GetAtt "recordProcessorRole.Arn"
          Runtime: nodejs20.x
    
      recordProcessorRole:
        Type: AWS::IAM::Role
        Properties:
          AssumeRolePolicyDocument:
            Version: 2012-10-17
            Statement:
              - Effect: Allow
                Principal:
                  Service:
                    - lambda.amazonaws.com
                Action:
                  - sts:AssumeRole
          Path: /
          ManagedPolicyArns:
            - !Sub arn:${AWS::Partition}:iam::aws:policy/service-role/AWSLambdaBasicExecutionRole
          Policies:
            - PolicyDocument:
                Version: 2012-10-17
                Statement:
                  - Effect: Allow
                    Action:
                      - dynamodb:DescribeStream
                      - dynamodb:GetRecords
                      - dynamodb:GetShardIterator
                      - dynamodb:ListStreams
                    # <table> を生成されたテーブルのリソース名に置き換えてください。
                    Resource: !Sub ${<table>.Arn}/stream/*
    
      tableStreamMappingToRecordProcessor:
        Type: AWS::Lambda::EventSourceMapping
        Properties:
          FunctionName: !Ref recordProcessor
          EventSourceArn: !GetAtt <table>.StreamArn # ここも <table> を置き換えてください。
          BatchSize: 1
          StartingPosition: LATEST
    
  4. Lambda 関数を書いてください。
    lambdas/record-processor/index.js
    "use strict";
    const AWS = require('aws-sdk');
    
    exports.handler = async function (event, context) {
      for (const record of event?.Records) {
        if (record?.eventName != "INSERT") {
          continue;
        }
    
        // process new records
        const item = AWS.DynamoDB.Converter.unmarshall(record?.dynamodb?.NewImage);
        console.log("processing item", item);
      }
    };
    
  5. copilot svc deploy を実行して、Lambda 関数をデプロイします!🎉 Service がテーブルにレコードを追加すると、Lambda 関数がトリガーされ、新しいレコードを処理することができます。