コンテンツにスキップ

copilot deploy

$ copilot deploy

コマンドの概要

このコマンドは、copilot svc deploy または copilot job deploy の内部で利用されています。 copilot deploy の中で実行される各ステップは、copilot svc deploycopilot job deploy で実行されるステップと同様です。

  1. ローカルの Dockerfile からコンテナイメージを作成
  2. --tag で指定された値、または最新の git sha を利用してタグ付け(git 管理されている場合)
  3. コンテナイメージを ECR に対してプッシュ
  4. Manifest ファイルと Addon を CloudFormation テンプレートにパッケージ
  5. ECS タスク定義を作成/更新し、Job や Service を作成/更新

フラグ

  -a, --app string                     Name of the application.
  -e, --env string                     Name of the environment.
      --force                          Optional. Force a new service deployment using the existing image.
  -h, --help                           help for deploy
  -n, --name string                    Name of the service or job.
      --resource-tags stringToString   Optional. Labels with a key and value separated by commas.
                                       Allows you to categorize resources. (default [])
      --tag string                     Optional. The container image tag.

実行例

"frontend"という名前の Service を "test" Environment にデプロイします。

 $ copilot deploy --name frontend --env test

"mailer"という名前の Job を、追加のリソースタグを付加して、"prod" Environment にデプロイします。

$ copilot deploy -n mailer -e prod --resource-tags source/revision=bb133e7,deployment/initiator=manual