コンテンツにスキップ

svc exec

$ copilot svc exec

コマンドの概要

copilot svc exec は、Service で実行中のコンテナに対してコマンドを実行します。

フラグ

  -a, --app string         Name of the application.
  -c, --command string     Optional. The command that is passed to a running container. (default "/bin/bash")
      --container string   Optional. The specific container you want to exec in. By default the first essential container will be used.
  -e, --env string         Name of the environment.
  -h, --help               help for exec
  -n, --name string        Name of the service, job, or task group.
      --task-id string     Optional. ID of the task you want to exec in.
      --yes                Optional. Whether to update the Session Manager Plugin.

実行例

"frontend" Service のタスクにインタラクティブなセッションを開始します。

$ copilot svc exec -a my-app -e test -n frontend

"backend" Service 内の ID "8c38184" から始まるタスクで 'ls' コマンドを実行します。

$ copilot svc exec -a my-app -e test --name backend --task-id 8c38184 --command "ls"

出力例

Info

  1. Service デプロイ前に Manifest で exec: true が設定されていることを確認してください。
  2. これにより Service の Fargate Platform Version が 1.4.0 にアップデートされますのでご注意ください。プラットフォームバージョンをアップデートすると、ECS サービスのリプレイスとなり、サービスのダウンタイムが発生します。