コンテンツにスキップ

svc deploy

$ copilot svc deploy

コマンドの概要

copilot svc deploy は、ローカルのコードや設定を元にデプロイします。

Service デプロイの手順は以下の通りです。

  1. ローカルの Dockerfile をビルドしてコンテナイメージを作成
  2. --tag の値、または最新の git sha (git ディレクトリで作業している場合) を利用してタグ付け
  3. コンテナイメージを ECR にプッシュ
  4. Manifest ファイルとアドオンを CloudFormation にパッケージ
  5. ECS タスク定義とサービスを作成 / 更新

フラグ

  -a, --app string                     Name of the application.
  -e, --env string                     Name of the environment.
      --force                          Optional. Force a new service deployment using the existing image.
  -h, --help                           help for deploy
  -n, --name string                    Name of the service.
      --resource-tags stringToString   Optional. Labels with a key and value separated by commas.
                                       Allows you to categorize resources. (default [])
      --no-rollback bool               Optional. Disable automatic stack
                                       rollback in case of deployment failure.
                                       We do not recommend using this flag for a
                                       production environment.
      --tag string                     Optional. The service's image tag.

Info

--no-rollback フラグは production 環境へのデプロイには 推奨されません。 サービスダウンタイムが発生する可能性があります。 自動的なスタックロールバックが無効化されている状況でデプロイに失敗した場合、次のデプロイを行う前に、AWS Console や AWS CLI を利用して、手動でスタックを開始する必要がある場合があります。