コンテンツにスキップ

最初のアプリケーションをデプロイしよう

AWS Copilot は、わずかなステップで簡単にコンテナを AWS にデプロイできます。このチュートリアルでは、サンプルのフロントエンドサービスをデプロイし、ブラウザでアクセスできるようにしてみます。この例では静的な Web サイトのサンプルを使用しますが、AWS Copilot を使用して Dockerfile を使用した任意のコンテナアプリを構築し、デプロイすることもできます。サービスのセットアップ完了後、Copilot が作成したリソースを削除して料金が発生しないようにする方法もご紹介します。

いかがですか?それでは早速やってみましょう!

Step 1: AWS Copilot のダウンロードと設定

AWS Copilot を使用するには、AWS Copilot のバイナリ、AWS CLI、Docker Desktop、AWS の認証情報などが必要です。

これらのツールのセットアップと設定方法については、こちらをご覧ください。

最初に default の AWS プロファイルがあることを確認してください。必要な場合は aws configure コマンドを実行して、デフォルトのプロファイルを設定してください。

Step 2: デプロイするコードをダウンロードする

この例では、シンプルな静的 Web サイトのサンプルアプリを使用しますが、デプロイしたいものがある場合は、ターミナルを開いて Dockerfile が格納されているディレクトリへ cd コマンドで移動してください。

デプロイしたいものがなければ、サンプルリポジトリをクローンしてください。ターミナルで以下のコマンドをコピー&ペーストしてください。これによってサンプルアプリのクローンが作成され、ディレクトリが変更されます。

$ git clone https://github.com/aws-samples/aws-copilot-sample-service example
$ cd example

Step 3: アプリの設定をする

さて、ここからがお楽しみの始まりです。サービスコードと Dockerfile を用意して、それらを AWS にデプロイしたいと思います。それでは、AWS Copilot に手伝ってもらいましょう。

コードディレクトリ内で次のコマンドを実行します。

$ copilot init

gettingstarted

Step 4: いくつかの質問に答える

次にすることは、Copilot からのいくつかの質問に答えることです。Copilot はこれらの質問を基に、お客様のサービスに最適な AWS インフラストラクチャを選択します。質問はいくつかありますので、順を追って説明します。

  1. “What would you like to name your application?” (Application の名前は?) - ここでの Application とは、Service の集合体のことを指します。この例では Application には 1 つの Service しかありませんが、マルチサービスの Application を作りたい場合は Copilot で簡単に実現できます。ここでは、この Application の名前を example-app としましょう。
  2. “Which service type best represents your service's architecture?” (Service のアーキテクチャを最もよく表しているサービスタイプはどれですか?) - Copilot は、この Application の Service に何をさせたいかを尋ねています。プライベートなバックエンドサービスでしょうか? ここでは、Application を Web からアクセスできるようにしたいので、Enter キーを押して Load Balanced Web Service を選択してみましょう。
  3. “What do you want to name this Load Balanced Web Service?” (この Load Balanced Web Service の名前は?) - さて、Application 内の Service を何と呼びますか? お好きな名前を付けてください。しかし、ここではこの Service を front-end と名付けることをお勧めします。
  4. “Which Dockerfile would you like to use for front-end?” (フロントエンドにどの Dockerfile を使用しますか?) - ここでは、デフォルトの Dockerfile を選択してください。これは Copilot がビルドしてデプロイする Service で使う Dockerfile です。

Dockerfile を選択すると、Copilot は Service を管理するための AWS インフラのセットアップを開始します。 init

Step 5: Service をデプロイする

Copilot が Application を管理するためのインフラの設定を終えると、Service をテスト環境にデプロイするかどうかを尋ねられますので、yes と入力します。

ここで、Copilot が Service を実行するために必要なすべてのリソースをセットアップする間、数分待つでしょう⏳。Service のためのすべてのインフラがセットアップされると、Copilot はイメージを構築して Amazon ECR にプッシュし、Amazon ECS へのデプロイを開始します。

デプロイが完了すると、AWS Fargate 上でサービスが稼働し、Copilot が URL へのリンクを出力します!🎉 deploy

Step 6: クリーンアップ

Service のデプロイが完了したので、copilot app delete を実行します。これにより、ECS サービスや ECR リポジトリなど、Copilot が Application に設定したリソースがすべて削除されます。すべてを削除するには、次のように実行します。

$ copilot app delete

delete

おめでとうございます!

おめでとうございます!AWS Copilot を使って、Amazon ECS にコンテナアプリを設定、デプロイ、削除する方法を学びました。AWS Copilot は、AWS 上でコンテナアプリを開発、リリース、運用するためのコマンドラインツールです。

Application のデプロイを楽しんでいただけましたか?AWS Copilot をより深く理解し、AWS 上で本番環境に対応したコンテナアプリを構築・管理する方法を学ぶ準備はできましたか?引き続きサイドバーの Developing セクションをご覧ください。