コンテンツにスキップ

svc init

$ copilot svc init

コマンドの概要

copilot svc init は、コードを実行するために新しい Service を作成します。

コマンドを実行すると、 CLI はローカルの copilot ディレクトリに Application 名のサブディレクトリを作成し、そこに Manifest ファイルを作成します。自由に Manifest ファイルを更新し、Service のデフォルト設定を変更できます。また CLI は全ての Environment からプル可能にするポリシーをもつ ECR リポジトリをセットアップします。

そして Service は CLI からトラックするため AWS System Manager Parameter Store に登録されます。

その後、既にセットアップされた Environment がある場合は copilot deploy を実行して Service をデプロイできます。

フラグ

Flags
  -a, --app string          Name of the application.
  -d, --dockerfile string   Path to the Dockerfile.
                            Mutually exclusive with -i, --image.
  -i, --image string        The location of an existing Docker image.
                            Mutually exclusive with -d, --dockerfile.
  -n, --name string         Name of the service.
      --port uint16         The port on which your service listens.
  -t, --svc-type string     Type of service to create. Must be one of:
                            "Request-Driven Web Service", "Load Balanced Web Service", "Backend Service".

"frontend" として Load Balanced Web Service を作成するには、次のように実行します。

$ copilot svc init --name frontend --svc-type "Load Balanced Web Service" --dockerfile ./frontend/Dockerfile

出力例

Running copilot svc init